HOME > HOW TO > パーティーやお祝いに関する豆知識集

パーティーやお祝いに関する豆知識集

2017/09/26 改訂

毎年の誕生日から一緒に一度きりのイベントまで、世界中で楽しまれているパーティーやお祝い事をご紹介します。
日本ではまだ知られていないホームパーティーの世界もあり、これを読めばあなたもパーティーの達人になれるかも!?

【誕生日】

ハーフバースデー、1/2バースデー Half Birthday

  • ハーフバースデーは日本で生まれたお祝いイベントです。その名の通りハーフ=1/2の誕生日のお祝いです。はじめ、1歳の半分の0.5歳祝いとして普及しました。その後メディアで取り上げられ、0.5歳の意味だけではなく、毎月15日に赤ちゃんの誕生をお祝いするパーティーとしてその名を広めつつあります。

ファーストバースデー、1st Birthday

  • 生まれてから初めてのお誕生日のお祝いは、アメリカでは特別な記念日として親戚も集まり盛大にお祝いをします。日本でもこの1歳のお誕生日は「一升餅(誕生餅)」のイベントに代表されるように特別な日とされてきました。それらも背景にあり欧米文化の「ファーストバ-スデ-」イベントも2000年代前半よりこの日本でも急速に普及してきました。 お子さんが周りからどんなに愛されていたかを後々知ることが出来るように、記念の写真を多く残すイベントでもあります。

【妊娠・出産】

ベイビーシャワー 、ベビーシャワー Baby Shower

  • 妊婦さんのために行われる女性だけのパ-ティ-です。身近な友人や家族が主催してサプライズの形をとることも多く、生まれてくる赤ちゃんに必要なものを皆でプレゼントします。最近は日本でも雑誌やテレビで紹介され注目されているイベントです。日本流は主役(自分)が自分でベビーシャワーを主催する形をとっていて、パーティーでは自ら参加者へおもてなしをします。
    ベイビーシャワー 、ベビーシャワー Baby Shower

ニューボーン New Born

  • アメリカでは、“Welcome Baby”、“New Baby”とプリントしたバルーンが出産後の病室に浮いているシーンをよく見かけます。色々な出産祝いのギフトによく使われるメッセージです。バルーンでは男女それぞれのデザインも充実していて、「出産おめでとう」の気持ちを伝える人気のアイテムです。“Baby Girl(Boy)”、“It's a Girl(Boy)”など、貰う側の好みのデザインを選びましょう。日本では出産の記念に写真を撮るニューボーンフォトも人気です。撮影の小物にバルーンを使えば華やかで可愛い写真を撮ることができます。
    ニューベイビー、ウェルカム・ベイビー、ニューボーン

【季節の行事】

バレンタイン Valentine's Day

  • バレンタインの正式名称はSt.valentine's dayといい、キリスト教にちなんだ男女が愛を誓い合う日で2月14日と定められています。欧米では男女を問わず家族や親しい人に日頃の感謝を込めて贈り物をしたり、パ-ティ-をしたりします。ギフトはお花やケーキ・小物など様々で、メッセージカードなどを添えて贈ることも多いようです。ギフトに添えるメッセージには「Be my Valentine」や「From your Valentine」などバレンタインにまつわる言葉が好んで使われます。日本でも最近は身近な人達に感謝を伝える日にもなっています。

イースター Happy Easter

  • イースターはキリスト教の復活祭で1年でもっとも重要な日とされていますが、3月末から4月にかけて、その年によって祝日が変わります。(春分の日後の、最初の満月後の、最初の日曜日というようにちょっと複雑です。) 乳製品や卵を使った復活祭独特のお菓子が作られ、イースターエッグという装飾を施した卵がよく使われます。家庭では部屋や庭に”卵”を隠して、子供たちが宝探しのように探して遊ぶ習慣もあります。イースタ-のモチ-フとしては、この”卵”(カラ-エッグ)や”ウサギ”をパステル色で愛らしくデザインされてたものが多く見られます。 それらのモチ-フ効果もあって、日本では「春の到来」を告げるイベントとして定着しつつあるようです。

マルディグラ

  • フランス語源の「マルディグラ(太った火曜日)」は、謝肉祭の最終日で毎年日付が異なります(2月~3月上旬)。キリスト教を起源としますが、今ではカトリックの宗教色は消えつつあり、イースターとともに世界の主要カーニバルと認識されているイベントです。イベントのテーマカラーは緑・紫・金の3色。これらのカラーアイテムを身につけてパレードや音楽を楽しむ楽しいイベントです。お祭り好きの日本人にとっては「サンバ・カ-ニバル」のように意外と馴染むイベントかもしれません。
    マルディグラ

マザーズ・デー Happy Mothers Day

  • 母への感謝を表す日として、世界中で定着しています。 それぞれの地域で歴史のあるイベントとして起源は異なりますが、5月の第2日曜日がマザ-ズ・デ-と定められています。日本ではカ-ネ-ションを贈るのが一般的ですが、これはアメリカが発祥だといわれています。最近ではカ-ネ-ション以外のお花を贈ったり、お菓子やアクセサリ-、更にはエプロンのような実用性のあるギフトも多く見受けられます。いづれの場合もメッセ-ジカードやメッセ-ジバル-ンを添えて、感謝の言葉を伝えることが大切です。

ファーザーズ・デー Happy Fathers Day

  • 父への感謝を表す日として母の日同様に世界中にありますが、国によって日付は異なります。アメリカ・カナダ・フランス・中国は日本と同じ6月の第3日曜日が「ファザ-ズ・デ-」になります。どこの国でも定番のギフトというものはないようですが、お酒やゴルフ用品・Yシャツやネクタイといった、お父さんの好きそうなもの・使いそうなもの全般がその対象になっています。 ちなみに日本でお父さんへのアンケ-ト調査で一番欲しいものは「感謝の手紙」という結果がでているそうです。

グランドペアレンツ・デー Grandparents Day

  • グランドペアレンツ・デーはおじいちゃんとおばあちゃんへ感謝の気持ちを伝える大切な日。アメリカでは9月下旬に通っている学校の参観日としておじいちゃん、おばあちゃんを招待します。日本での敬老の日にあたります。日本では2004年から日付が毎年9月の第三日曜日と定められています。離れて暮らしているお孫さん達が、お手紙やプレゼントを贈り感謝の気持ちを伝えることでおじいちゃん・おばあちゃんと心の交流をはかれる大切な日です。
    グランドペアレンツ・デー

サンクスギビング

  • アメリカとカナダの祝日サンクスギビングデーは、収穫感謝祭や七面鳥の日(Turkey Day)と様々な呼ばれ方があります。今では宗教色が薄れ、たくさんの親族や友人を集めて食事会をする大切な家族のパーティー行事になっています。アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日と定められています。NYの有名百貨店”メイシーズ”がサンクスギビングデーに開催するバルーンパレードは世界でも有名ですね。パーティーで食べられる七面鳥の形をしたバルーンは、特にアメリカでは定番の飾り付けモチーフです。七面鳥の他にも好きな色と組合せてバルーンで飾り付けをする家庭が多く、ホームパーティーは暖かく賑やかに行われます。
    サンクスギビング

ハロウィン Halloween

  • 毎年10/31に行われるお祭りで、言うまでもなく世界中で行われているパーティーのひとつです。ヨーロッパ発祥の秋の収穫感謝祭です。キリスト教・カトリックの万聖節が11月1日で、その前日に行われるのが収穫祭。ハロウィンの名前の由来は万聖節の旧称”All Hallows”に、前夜を意味するeveを付けたHallowseveから変化して今のHalloweenとなりました。 かぼちゃのランタンやお化けがモチーフで、可愛らしいものからリアルなグロテスク路線のデザインまで様々なイベントが全国あちこちで見られます。バルーンやパーティーグッズには、”Boo!”=ベロベロバ~、Trick or Treat トリック・オア・トリート=お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ などのお子さんのハロウィン・パ-ティ-を強く意識したモチ-フも多くみられます。

デイ・オブ・ザ・デッド Day of the Dead、Día de Muertos

  • デイ・オブ・ザ・デッドは、「死者の日」。ラテンアメリカ諸国の祝日です。毎年11月1日、2日にお祭りが行われ、故人の家族や友人が集い、思い出を語り合う日とされています。死者の魂が戻るという意味では日本のお盆をイメージすると理解がしやすいです。特にメキシコでの盛大なお祭りが有名で、カラフルな装飾やたくさんのお花に囲まれながら練り歩くパレードは圧巻です。街頭に溢れる人々が仮装をして明るく楽しくお祝いする姿も印象的です。
    死と生まれ変わりのモチーフ“骸骨”と街中を埋め尽くすカラフルな装飾が不思議な魅力をもつシーズンイベントです。死者の日のカラフルでキュートなデザインは、日本ではハロウィンのアイコンとして人気を集めています。
    デイ・オブ・ザ・デッド

クリスマス Happy Holidays、Merry Christmas

  • キリスト教でイエスの誕生を祝う祭りで、世界で最も有名な祝日です。クリスマス・パ-ティ-の装飾モチ-フは定番の「サンタ」「ツリ-」「トナカイ」ですが、それ以外にも「雪の結晶」「スノ-マン」「ジンジャ-ブレットマン(人型クッキ-)」「ペンギン」「エルフ(北欧の妖精)」等様々あります。また、クリスマスにも年により流行色があり、白が人気の年・青が多い年・ゴ-ルドが人気の年といったように、カラ-トレンドがあります。

【結婚】

ブライダルシャワー ,ウェディングシャワー Bridal Shower Wedding shower

  • 結婚が間近な女性を主役に、結婚の1ヶ月前くらいに友人・親戚・家族が主催する結婚前祝いのパーティーです。ブライダルシャワーまたはウェディングシャワーと呼ばれています。パーティーでは、新婚生活に必要なものをみんなで贈る習慣があります。パーティーの際にはバルーンを使った装飾がよく使われます。
    ブライダルシャワー ,ウェディングシャワー

ウェディングウィッシーズ Wedding Wishes ,フォーエバー・オールウェイズ Forever Always

  • 結婚を祝福するメッセージで、「結婚おめでとう」と新婚の2人を祝福する言葉です。メッセージカードやブライダルアイテムによく使われます。フォーエバー&オールウェイズは、Foever & Always, Always & Foreverなどバリエーションはさまざま。最近ではLOVE & Cherish、Mr. & Mrs.、Happily ever Afterといったメッセージもトレンドになっています。
    ウェディングウィッシーズ、フォーエバー・オールウェイズ

ジャストマリッド Just Married

  • Just Marriedも、アメリカの結婚でよく見る言葉のひとつです。「結婚しました」という新郎新婦が周りに知らせるときの言葉になります。結婚パ-ティ-で新郎・新婦の傍らや新婚家庭の玄関先に、このメッセ-ジの入ったバル-ンが置かれている光景をよく見かけます。
    ジャストマリッド

バチェロレッテ Bachelotte

  • これから結婚する未婚女性のために行われるパーティーですが、こちらはブライダルシャワーよりもエンターテイメント性が強いパーティ-です。自宅の他バーやパブで行うことも多く、家族というよりは友人と最後の独身生活を目一杯に楽しんで騒ぐためのパーティーです。お酒をたくさん飲む(奢って飲まされる)ことが多く、深夜までパーティーは続きます。パーティ-装飾には大人向けのデザインで、黒やピンクを基調としたものが多く使われています。
    ティアラ・タスキなどのコスチュームアクセサリーが多く、“BRIDE TO BE”、“Future MRS.”といったメッセージがデザインされています。これを見た周りの人がパーティーに突然参加して、主役にドリンクを奢ったりするのもバチェロレッテパーティーの魅力です。
    バチェロレッテ

【お祝い】

スィート16、Sweet 16

  • 16歳の誕生日を迎えた女の子を盛大にお祝いするパーティーのことをSweet 16と呼びます。アメリカで特に盛んですが最近ではアジア・諸外国でも知られるようになりました。日本の成人式に似ていますが、あくまで女の子に限定しているのが特徴です。女の子にとって16歳は大人の女性への仲間入りを果たす特別な日。パーティーのスタイルはさまざまで、友人知人を集めた大規模なものから親族だけで行うものまで、好きなスタイルで行うことができます。パーティー中の定番イベントは特大ケーキ。まるで結婚披露宴のように主役がケーキ入刀します。パーティーに招待された同年代の仲間たちも、主役も皆がフォーマルな衣装に身を包んで参加します。ここから大人としての第一歩を踏み出すんですね。

ハッピーリタイアメント Happy Retirement

  • Happy Retirement は、定年退職お祝いメッセ-ジのひとつで、退職者への感謝の気持ちが込められています。日本では花束を贈るのが一般的ですが、欧米では「Happy Retirement」のメッセ-ジの入ったバル-ンを飾り、勤労をねぎらうパ-ティ-を陽気にすることが多いようです。
    ハッピーリタイアメント

オ-バ-・ザ・ヒル Over the Hill

  • 英訳では「峠を超えた」という意味ですが、アメリカでは40歳(または50歳)を超えた時の盛大なお祝いパーティーを指します。オーバーザ・ヒルのパーティーでは、お墓の形をしたケーキや黒いバルーンの装飾、お葬式風の仮装などを身にまとい、ブラックジョーク満載で人生の折り返しをお祝いします。このパーティーで主役に渡すプレゼントも凝っていて、茶化して笑わせるためのアイテムをみんなで考えます。オーバーザ・ヒルのグッズ店もあるほど皆に愛されているパーティーです。
    オ-バ-・ザ・ヒル

    コングラッツ、コングラチュレーションズ Congrats, Congratulations

  • 「おめでとう」の気持ちを示す定番メッセージで、欧米では様々なシーンで耳にするお祝いの言葉です。"Way to Go"も同じく「おめでとう」ですが、こちらは少しくだけた感じで「よくやった」というニュアンスがあり、卒業祝いのメッセージなどで好んで使われます。結婚式のブライダルギフトや、合格・入学・卒業などのお祝い、周年のお祝い等、あらゆる祝福のメッセ-ジとして使われます。
    コングラッツ、コングラチュレーションズ

【お見舞い】

ゲットウェル Get Well Soon

  • 「早く良くなってね」の英語訳が、ゲットウェルスーンです。病院に家族や友人をお見舞いに行くときに、日本では果物やお花をお見舞いとして持っていきますよね。アメリカでのお見舞いはバルーンが定番アイテムなんです。病院ではあちこちにお見舞いバルーンがプカプカ浮いています。「これを眺めて早く良くなってほしい」気持ちを贈り物に込めています。Get Well Soonのメッセージがプリントされたバルーンを持っていけば、プカプカ浮いた癒やしのパワーで治りも早いかも!?
    ゲットウェル
  • anagram
  • amscan

© Amscan Japan F&C K.K. All Right Reserved. 画像の無断転載はお断りしております。